いつもときめいてる人になりたいな。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ニッポンのジレンマ「僕らの楽しい資本主義」 | main | 『ココ・アヴァン・シャネル(Coco avant Chanel)』 >>
『パリを愛した作曲家たち』コンサート
9月8日、麻生市民会館大ホールで行われたコンサート『パリを愛した作曲家たち』を聴きに行ってきました。

リタイアした方たちがボランティアで開催しているクラシックのコンサートです。
毎回800人ほどを集めるコンサートで、春秋年2回開催しこれで10回目となります。私も毎回、チラシづくりでお手伝いをさせて頂いています。

「継続は力なり」をまさに地でいったようなイベントで、最初はいろいろなトラブルもあったようですが、今では運営ノウハウも蓄積され、地元の方たちに喜ばれる定期コンサートに成長しました。

コンサート終了後、打ち上げの場に顔を出しますと、40人ぐらいのスタッフの方がいらっしゃいます。
「他者に役立つことをするのが仕事」その典型を見るような気がして、つくづく「凄いなぁ」と思いました。

次回コンサートのテーマから始まり、アーティストと曲目の選定、チラシづくり、スポンサーの開拓、入場者募集の手続き、当日の会場運営、会計処理と、やることは山ほどあります。それでいてスタッフの方達の大半は、当日のコンサートを席でゆっくりと聴くことはできません。
構想とリーダーシップと情熱と、何よりボランティア精神が本当になければ、継続できないことです。

日本は高齢化の「化」がとれ、今すでに高齢社会になっていますが、リタイアした人たちが、このように「他者に役立つことをするのが仕事」の精神で現役を続けていってくだされば、日本も変わるし、若者の苦境も少しは救えるに違いないと、そう感じました。
COMMENT









Trackback URL
http://tokimeki.lotus-studio.info/trackback/35
TRACKBACK