いつもときめいてる人になりたいな。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『ココ・アヴァン・シャネル(Coco avant Chanel)』 | main | すずきすずよ作品展 >>
松田優作と尾崎豊 〜『ヒーローたちの壮絶人生』

去年の11月の半ば、NHK BSプレミアムで『ヒーローたちの壮絶人生』という番組があり、そのことを書こう書こうと思いながら延び延びになってしまいました。

番組は、若くして亡くなった松田優作さんと尾崎豊さんの足跡を2日連続で辿るものでした。
番組の制作者がなぜこの二人にスポットを当てたのかのかは解りません。『ヒーローたちの壮絶人生』というタイトルからすると、シリーズ化を目論んでいるようにも感じられるのですが、なぜかこの二人だけだったのです。

でも二人を比較して見たとき、私にとってはとても興味深い発見がありました。
それはカルマについてです。
<カルマと聴いて、鼻白(はなじら)んだ人はどうぞスルーをしてくださいな。以下、私の勝手な解釈と妄想と受け取ってください。>

表現者というものは、たいてい強いカルマを持っているものです。この内なる葛藤の激しさが、いざ表現となって外に出たときに、しばしば素晴らしい輝きに転化する。その輝きは、カルマが強ければ強いほど、常人を超えた才能を見せる。松田優作さんと尾崎豊さんは、その典型例であったように思うのです。

松田優作さんは機能不全家庭で育ちました。親の愛、家族愛というものから縁遠い少年時代を歩んだ。それが青年期になり、暴力的なコミュニケーションを当たり前のように思う性格を形成したと思います。この時点では、典型的な機能不全家庭の連鎖です。

一方の尾崎豊さんは、時代のスキマに出現した少年の、純粋な叫びだったと思うのです。尾崎豊さんが活躍した80年代後半はまさにバブルの絶頂期。その右肩上がりの世の中に、なにか着いていけない、大人たちがやってることはどうも嘘くさい、そう感じた魂が反抗心として炸裂したのだと思います。

高校時代、尾崎豊さんの同級生だったという人が語った次のエピソードは、その辺を知る上でとても興味深いものです。ある時、尾崎豊さんがその同級生にこう問いを投げかけたそうです。
「自由の反対が何か、知ってるか?」

さあ、あなたなら何と答えます? ここで尾崎豊さんは意表を突く言葉を発し、同級生を驚かせたと言います。
「支配なんだよ」
うーん、凄い。『卒業』の中の歌詞、「この支配からの卒業」は、ここから出発しているんですね。


ところが、その支配に反抗する歌を歌うことで、同年代に絶大な人気を誇った尾崎豊さんには、皮肉なことに一つの爆弾があったのです。自分が歳をとって行くという時限爆弾です。10代の反抗を歌った人が、20代になったらどうなるのか? 20代の反抗を歌うのか? それとも別の境地に変化していくのか? さらに30代になったらどうなるのか?

これがとうとう定まらなかった。
私は40代になった尾崎豊さんを見てみたかったです。しかし30代・40代になって、10代のときに作った歌を、懐メロのようにして歌うわけにはいきません。それでは自分への裏切りになってしまいます。

大人への反抗で突っ走ってきた自分が、大人になってしまうことの矛盾と葛藤。たぶん尾崎豊さんはそれに堪え切れなかった。それを克服することができなかったんだと思います。
あまりにも10代の歌が純粋性に満ちていて素晴らしかったために。

でも、エリック・クラプトンのようになる道もあったんだと思うんですよね。それをして欲しかったです。

一方の松田優作さんですが、美由紀さんの証言によれば、結婚して子供を持つようになってから「優作は変わった」と。それまでの自分本位で粗暴な優作ではなくなったのです。この、優作さんが変化するについては、血みどろのエピソードもあったということなのですが、とにかく優作さんはある事件をきっかけに、気づきを得て変わったのです。

機能不全家庭の連鎖が、そこで切れたわけですね。
これはもの凄く大きな成長です。カルマが深かったために、残念ながら完全解消とまでには至らなかったけれども、死の前に魂を成長させることができた。
残された家族は、きっとその思い出を宝として生きることができると思います。

松田優作と尾崎豊。
死を前に、成長出来た人と出来なかった人。番組を観て、私はそのように受けとめました。
若くして散った二人の才能を惜しむとともに、お二人の冥福を祈ります。

●再放送あり
「大人になった君たちへ 尾崎豊20年目の真実」
2013年1月14日(月) BSプレミアム 15:00〜
COMMENT









Trackback URL
http://tokimeki.lotus-studio.info/trackback/37
TRACKBACK