いつもときめいてる人になりたいな。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『若冲が来てくれました』に行って来ました。 | main | 『ゼロ・グラビティ』の深い意味 >>
田中泯さんの「マイナー論」
『気づきの啓示板』ブログの11月19に、田中泯さんが出られていた番組、『人を動かす絵 田中泯 画家ベーコンを踊る』のことをちょっと書きました。この番組の中で、泯さんがポロリと語った「マイナー論」には、大いに刺激を受けました。

「マイナー」が何かということについては、ズバリの発言はなかったのですが、「人はマイナーを、メジャーへのステップのように考えているがそうではない」と、強く言い切った言葉が印象的で、背後に確固とした「マイナー論」があることがうかがわれました。(言葉の記述は正確ではありません)

たそがれ清兵衛』で一躍脚光を浴び、最近ではNHKの時代劇などにも出演されている泯さんですが、本業(?)の方の舞踏は、明らかにマイナーです。私が10代から20代だった頃は、泯さんの師匠筋にあたる土方巽さんの暗黒舞踏麿赤兒さんの大駱駝艦は、むしろ今よりもっとメディアへの露出が多かったくらいです。(時代が、ヒッピーカルチャー全盛でしたからね)

さて、この『画家ベーコンを踊る』という番組の中で、泯さんはフランシス・ベーコンの絵画作品を所蔵するイギリスの美術館まで、原画を観に出掛けます。そこで「磔刑像の下の人物のための3つの習作」という三幅対(Triptych)を観るのですが、これには1944年版と1988年版の二つがあるのです。

 
上が1944年版 下が1988年版

泯さんはこの両方を見て、「明らかに1944年版の方が上」と意を強くしたように(自論を正に確認したように)言うんですね。1944年版はフランシス・ベーコンがまだ誰にも評価されていない時代に書いたもの。ところが44年後の1988年にもう一度同じ題材で描いたときには、ベーコンの評価が定まっていたんです。

すると、時代が求めるベーコン評価に、ベーコン自身が合わせるようになってしまったと、眠さんは批判するのです。これは確かに両方を比べてみると、歴然とした違いがあります。後から描かれたものには、叫びのようなエネルギーが感じられません。リビングに飾っておいたら「ああ、ベーコンね」という単なる記号になってしまったというか‥‥。

結局、田中泯さんが言われる「マイナー」というのは、自分の内なる叫びにどこまで忠実かということを仰っている気がしました。

●参考
土方巽さんとベーコンとの関係を知る上で興味深いビデオ
COMMENT









Trackback URL
http://tokimeki.lotus-studio.info/trackback/41
TRACKBACK